2018年 10月 の投稿一覧

カナダで嗜好用大麻解禁!

こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です!

2018年10月17日にカナダにて
年齢制限や所持量、栽培量などの制限は
ありますが、「嗜好用大麻」が
合法化されました。

大麻の用途

大麻には、
・嗜好用
・産業用(繊維やオイル採取用)
・医療用(CBDオイルなど)
などの用途があります。

今回は医療用大麻が
既に合法化されていた
カナダで嗜好用としても
解禁されたとのことです。

現地はなんだか凄い
お祭り騒ぎの様ですが、
「麻薬の合法化」で
犯罪が増えるのでは無いか、
怖いなぁー、と漠然と
感じている方もいれば、

わーい、
カナダに旅行とか移住すれば
大麻合法的に吸えたりするんだ!
と思われている方もいるかと
思います。

しかし、別になんでわざわざ
解禁する必要あるの?
って思う方もいると思います。

大麻取締法

日本では「大麻取締法」と言う法律が
第二次世界大戦終戦後の1948年に
GHQの指示にて作られました。

しかし、不思議なことに
2000年以上前から麻を生活に
取り入れている日本やその他
黄色人種の国々では、
「嗜好用」としてマリファナの様に
使用する文化自体が無かった
んですね。

占領地(日本)で米兵が
嗜好用品として濫用するのを
規制する意味で作られたと言う
説もあるくらいです。

その後、1951年の
サンフランシスコ講和条約の際に
占領下における法律について
見直しがされた際も、
もともと日本人にとって
嗜好用としての認識が無かった為、
規制しててもしてなくても
関係ないと言うことで放置され
残ったとも言われています。

そして、
認可された「栽培者」「研究者」が
「大麻取扱者」として所持や栽培が
認められていることになっていますが、
日本では研究はほとんど行われていません。

国内で行われている研究では
天然のカンナビノイド(麻の成分)では無く、
化学構造式を元に作られた
「合成カンナビノイド」を研究対象と
することがほとんどの様で、
植物として、ハーブの様なものとしての
効用などの研究は一切ありません。

そもそも論ですが、
麻にも種類によって、
精神的作用の強い
テトラヒドロカンナビノール(THC)
という成分が多いものと
ほとんど含まないものがあり、
日本に古くから自生している麻は
ほとんどTHCを含まないものなんですね。

そして、いわゆる覚醒剤や麻薬は
抽出した成分自体を規制しているのに、
大麻取締法については植物を規制した。

これについては、
GHQの大麻規制に関わった白人達にとって、
大麻(マリファナ)はインドなど南方産の
高THC種のイメージしか無かったため、
麻は全てTHCが多く含まれていると
誤解していたから、と言われています。

ですから、
酩酊状態になるTHC成分が含まれていない
種類でも、麻の「栽培」「所持」が違法となる
と言う不思議な状況になっています。

たまに自生している麻が発見されて、
警察などが必死になって刈り取っている
風景がありますが、おそらくあれも
THC成分は含まれていない種類でしょう。

ちなみにですが、
繊維やオイルを使う為の種類は
カンナビス・サティバ・エルと言う種類。
そしてTHCを多く含むインド産のは、
カンナビス・インディカと言う種類だそうですが、
実は国際条約などで規制されている種は
サティバ・エルなのだそうです。

なんだか良く分からない状況ですね。
専門家ですら分からないらしいので、
我々が分かるはずも無いのですが、
「石油業界の陰謀」説もまことしやかに
語られている様です。

医療用大麻とは

そして、昨今芸能人絡みなどで
「医療用大麻」と言うことが
話題にのぼってきます。

これは、カンナビノイド(大麻草の成分)
の中でもカンナビジオール(CBD)と言う成分に
鎮痛作用や鎮静作用があり
難治性疼痛や末期がん患者、不安神経症などに
有効で、THCの様な精神興奮作用は無い
とされています。

ですので、素晴らしい薬として
海外では使用報告もあるのですが、
規制の影響できちんとした研究が
行われていないと言う現状があります。

サプリメントや医療用としてのCBD

「CBDオイル」と言う形での
サプリメントも海外にあり、
日本でも個人輸入して使用される
ケースがあります。

では、これは大麻取締法の対象
なのでしょうか?
「大麻取締法」で取り締まっているのは
「成分」では無く「草」の「部位」です。

具体的に言うと、
「大麻草及びその製品を言う。
ただし、大麻草の成熟した
茎及びその製品並びに
大麻草の種子及びその製品を除く」
と言うことです。

と言うことは、
成熟した大麻草の茎ではなく、
葉や花穂から抽出されたCBD含有製品は
例えTHCが含まれなくても

現行の大麻取締法に抵触する
と言うことです。

日本人はカナダで大麻嗜好品利用が出来るのか

結論から言うと出来ません

誰もがお分かりの様に
・日本国内への持ち込み
・日本国内での嗜好品としての利用
(利用する際には所持してることが前提の論理ですが)

は日本人でも外国人でも
大麻取締法の対象になります。

もちろん、
嗜好品利用が合法である渡航先で
利用することは現地の法律では可能
です。

しかし、
現行の大麻取締法は海外の日本人も
対象にしている為、
・海外にいる日本人旅行者
・海外に移住した日本人
のどちらも対象になるのです。

ですから、
もしカナダやその他の国で
大麻を購入して利用した場合、
理屈的には帰国と同時に
大麻取締法違反として
捕まる可能性があります。

ただ、
「所持は違法」ですが、
「使用は違法とはならない」
と言う不思議な法律ですので、
例え帰国者の体内からTHC成分が
検出されたところで違法とは出来ず、
「海外で所持したこと」が
証明される必要があり、
「他人が所持しているものをちょっと吸った」
「大麻利用者が横にいた」
と言う主張をされれば対象外にせざるを得ない為、

個人的には帰国時の逮捕は
その場で所持していなければ
事実上不可能とも思います。

大麻規制の今後

CBD、いわゆる
医療用大麻成分については
今後の議論が待たれますが、
近い将来には日本国内でも
利用可能となるかも知れません。

しかし、その際には、
・成熟した茎
・種子
以外から抽出したものであれば、
所持した段階で違法となります。

ですので、
CBDを含む製品を
国内で販売する業者は、
大麻取締法対策として

「この製品に含まれるCBDは○○種(麻の種類)の成熟した茎/種子(部位)由来です」
「この製品に含まれるCBDは○○を原料とした化学合成物質です」
と言うことを明記しておく必要があります。

 

国内でCBD製品が利用可能となる時には
THCを含む草や製品に限った規制にする
などの大麻取締法の見直しや廃止などを
行わないといけない様にも感じます。

麻薬や覚醒剤の利用者により、
利用時の幻覚や錯乱状態などで、
あるいは断薬中のフラッシュバックなどで、
犯罪が起こっていると言うイメージが
あるかと思いますが、
そもそも
大麻の精神作用による犯罪は無い
と言うのも事実である様です。

覚せい剤や麻薬へと誘導させる
闇取引絡みの暴力や殺人は

当然起こっていますが。

こう言うことをやっている
犯罪組織の資金源を絶ち、
犯罪を減らすと言うのも
今回のカナダでの解禁の理由の
ひとつの様ですね。

いずれにせよ、我々の先人、
黄色人種には無かった
嗜好品(マリファナ)利用と言う習慣
については、正しい知識を知った上で
改めて議論した方が良いのでは
無いかと思います。

ちなみにですが、
タバコ属の植物は栽培や所持は
規制されていませんが、
「たばこ事業法」にて、
タバコの葉を加工して
「喫煙する為の製造たばこ」を
日本たばこ産業株式会社(JT)以外が
作ることが違法となっています。

面白いですね。

正しいデトックスの知識とは

こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

しばらくご無沙汰してました。
申し訳ありません。(^_^;)

メンターである
Dr. Isaac JonesとDr.Matthew Accursoの
今年のプログラムをサポートしており、
彼らが米国にて実際に使用している
マニュアルを日本語化しております。

その中に、
とても大切な考えがありましたので、
共有させて頂きたいと思います。

デトックスとは

「デトックス」って聞いたことありますか?
日本語だと「解毒」「排毒」と言う感じでしょうか。
「身体に良くないものを出す」
と言うことですね。

では、「身体によくないもの」って
一体なんでしょう?

・様々な化学物質(家具などに使用される溶剤 、食品添加物など)
・病原微生物や病原微生物が放出する毒素
・個人的に身体に合わない天然物質
などですね。

では、デトックスをする為には
どうすれば良いでしょうか?

デトックスの方法

細かい方法論や使用するものは
たくさんありますが、
ザックリ言ってしまえば、
・身体に良くないものを入れない
・身体に良くないものを出す
と言うふたつのやり方があります。

一般的に「デトックス」と言うと、
特定のサプリメントや薬品を利用し、
「身体に悪いものをドバっと出す」
みたいなイメージだと思います。

ただ、それだけでは片手落ちなんですね。

身体に悪いものを入れない

では、身体に悪いものを入れないとは
言っても、何をすればよいのでしょうか?

現代社会の現状では、
・重金属:水銀や鉛など
・カビなどの生物毒
・食品添加物やパーソナルケア用品の添加物
・建築材料や家具、生活用品に含まれる化学物質
・自分がアレルギー反応を起こす食材や花粉など
などなどがあります。

理想的にはこれらを完全に
入れないことが出来れば良いですが、
現実的には不可能ですし、
北極や南極の様なところへ行っても、
実は様々な化学物質汚染がありますし、
宇宙空間へ行っても同じことです。

加えて言うと、
完全無菌の環境は、
逆に免疫機能などに
問題を起こします。

ですので、
可能な限り避ける
と言うのが一番の対策になります。

と言うかそれしか出来ませんよね。

身体に悪いものを出す

では、身体に悪いものを出すには、
どうすればよいのでしょうか?

特殊な薬剤を用いた
デトックスも場合によっては
必要になりますが、
日常的に一般人がする
ものではありませんよね。

身体から毒素を排出する機構としては、
・排便
・排尿
・発汗
・毛髪、皮膚など
と言うものがあります。

便からは約75%
尿からは約20%
汗からは約3%
毛髪などは約2%
と言われています。

ただ、汗はほとんど水分で
排毒効果は無い、と言う
専門家もいます。

発汗する習慣を続けることは
デトックスと言うよりも、
精神的なリフレッシュ効果と
言う意味では有効かと思いますが、
デトックス効果への
過度の期待はしない方が
良さそうです。

ですので、
腎不全などで無ければ、
快便快尿を保つ
排便排尿をなるべく我慢しない
と言うのが基本的対策ですね。

一番大切な意識とは…

では、
・なるべく入れない
・快便快尿を保つ
をしていれば大丈夫
なのでしょうか?

基本的にはそうです。

ただ、大切な考え方があります。

毒素の流入流出のバランスです。

どれだけ入れない様にしても、
十分に出せていなければ、
少しずつでも溜まっていきます。

どれだけ出しても
それ以上に入れれば、
これもまた溜まっていきます。

入れるのも出すのも
絶対量だけが重要なのでは無く、
出入りのバランスが大切です。

言われれば当たり前ですが、
あまり日常的に意識していない
方が多いのでは無いかと思います。

出来ることから
始めてみませんか?

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。

○○と言う健康法は正しいの?

こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

昔からある
民間療法レベルの
健康法から、
もっともらしい
経験談やデータを伴う
食事法や運動法。

「○○と言う健康法は正しいんですか?」
と言う質問をよく受けます。

メディアでも
ドクター座談会の様な
形式で、正しい/誤りと
判断させる様なイベント
行われています。

ところが、不思議なことに、
・100%正しい
・100%誤っている
と言うことは
ほとんどありません。

その裏には、
「個人によって違う」
と言う事実があります。

そう、
例えすごい体験談があっても、
それがあなた自身に合うかは
医者にも分からないのです。

これは現代医療の症状を和らげる
対症療法についても同じです。

業界標準のガイドラインに
沿った治療をしても、
効果が出る人もいれば、
副作用が強く出てしまう人もいます。

ですから、医師は「絶対」は禁句。
ドラマの様なことは
現実には無いのです。

処方や処置が
ガイドライン的、技術的に完璧でも、
それが患者に正しい効果を
もたらすかは分からないのです。

もちろん、
多くの人に良い効果がある
可能性がある程度高いからこそ
ガイドライン、手技として
確立しているのですが。

もちろん、
多くの人に共通する
科学的事実もあります。
「生きていくには酸素が不可欠」
「生きていくには水が不可欠」
などですね。

では、「人によって違う」
と言うのはなんでしょう?

おおまかに言うと、
・遺伝的体質:代謝/消化酵素の強さやバランスなど
・生活習慣:成長過程の環境、食事など
が違うんですね。

そして、多くの病気は
70-95%が生活習慣が原因
と言われています。

少なくとも現時点では
努力や金でどうにもならない
遺伝的体質は5-30%程度
と言うことです。

今後、
遺伝子操作が容易になれば、
この5-30%もコントロール
出来る様になるのかも
知れませんけどね。

そして、
どの様な生活習慣が良いか
おおまかな傾向は多くの人に
共通していますが、
細かいことは人によって
異なるのが事実なのです。

ですから、
医師などの専門家に聞いても
誰を対象に話をしているのかで、
・正しい
・誤り
と言う判断に差が出るのです。

【先進国現代人に共通する問題例】
・糖質過剰
・蛋白質不足
・微量栄養素欠乏
・脂質バランス不良
・毒性化学物質蓄積
など

現代人に程度の差はあっても
広くアレルギー反応が起きている
可能性があるとされている食材は
皆さんも聞いたこと
あるかも知れませんが、
・小麦:グルテン
・乳製品:カゼイン
・ナス科植物:レクチン
などがありますが、
反応には個人差が大きいですし、
目に見える異常が出ない方がほとんどです。

 

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。

オイルが身体に合わない…

こんにちは。

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

「脂質が大切」と言われるけれど…

・細胞膜は脂質で構成されている
・脳の60%程度は脂質
と言うことで
・良質な脂質が大切
と言われる様になりました。

しかし、
脂肪、特に液状オイルを摂ると
下痢をしてしまったりして
「自分にはオイルが合わない」
と言われる方がいます。

特にエネルギー源として注目される
中鎖飽和脂肪酸(MCT)に多い印象です。

 

「脂質が合わない」=「脂質は避ける」べき?

もちろん遺伝的に過敏な体質
と言う面もあるかも知れません。

その場合は精製度の高い液状油を避け、
食物から良質な油を直接摂る必要があります。

しかし、今まで摂っていなかった
ものに身体が慣れていない、
と言うこともあります。

本当に全種類の脂質が摂れないと言う方は
ほとんどいないはずです。
御自身の身体の構成物なのですから。

下痢をしてしまったりする場合は、
まずは半分、四分の一、と減量していき、
下痢をしない量が分かったら、
しばらくその量を継続して摂り、
身体が慣れたら増やしていく、
と言う方法があります。

次に、MCTオイルの様な
特定成分の純度を上げたオイルが
合わない可能性があります。

MCTオイルの原料として使われる
ココナツオイルには、
4種類のMCTが含まれています。

  • ラウリン酸:殺菌作用はあるが、長鎖脂肪酸の様に代謝され脂肪代謝を上げる働きは無い。
  • カプロン酸:脂肪代謝を上げるが、下痢や胸焼けを起こしやすい
  • カプリン酸:脂肪代謝を上げるが、効果が出るまでに時間がかかる
  • カプリル酸:最も早く体内のケトン体レベルを上げ、整腸作用もある

です。

ですので、脂肪代謝を上げる為に
MCTオイルを利用したいけれども
下痢や胸焼けがキツくて無理!
と言う場合は、その主要因とされる
カプロン酸が含まれず
純度の高いカプリル酸製品である
Brain Octane Oil(ブレインオクタンオイル)
と言う商品もあるので、
試してみても良いかと思います。

「カプリル酸」の
サプリメントもあるので、
それを使う方法もあります。

もっと手軽に出来る方法としては、
無理に精製されたMCTオイルを摂るのでは無く、
・精製度の低いエキストラヴァージンココナツオイル
・牧草飼育の牛や山羊などミルクから
 作られたバターやギー(澄ましバター)
利用すると言う方法もあります。

また、ここが大切ですが、
健康の為にMCTオイルは必須ではありません。

身体に合わない場合は無理に
脂質代謝を上げようと思わず、
むしろ良質な必須脂肪酸を
摂ることを意識しましょう。

・魚介類
・ナッツ類
などをうまく活用すると良いです。

必須脂肪酸については過去記事
健康と食事、栄養について
に記載しましたので、
必要な方はご参照下さい。

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。

 

「健康は流行?」

こんにちは。

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

「病気の専門家」である医師も、
実は健康については素人同然です。

テレビに出ていた「神の手」を
持つとされているドクターも、
『パワーサラダ』がブームでしょ
と言う理由で市販のパックサラダを
毎日3食買っていると言うことで
「健康に気遣ったモデル並みの食事」
と賞賛されていました。(^_^;)

アプリで注文してお持ち帰りしている
とのことで、健康に気遣ったお店のもの
かとは思いますので、ドレッシングなども
ある程度は使用オイルや添加物を
気にされているのかも知れません。

確かに
・仕出し弁当
・おにぎりやサンドイッチ
・カップ麺

・ファーストフードの出前
(実は医療関係者はこの様な食事が多いです)
よりははるかに良いですが、
とりあえず野菜が入っていれば
良いわけでも無いのです。

一過性の流行に乗って、
様々な食事を試すことも
悪くはありませんが、
まずは大事な原理原則を
しっかり知らなくては、
メディアによるマーケティングに
踊らされるだけです。

何が大切なのかが分からない場合は
このblogの過去記事を読んでもらう
のも良いですし、
市販の健康本を読まれるのも良いです。

どの本を読めば良いのか分からないほど
健康本はちまたに溢れていますが、
たまに書籍紹介もblogでするので、
自分が紹介した本を読むのも良いと思います。

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。