【抗生剤濫用の害】

  • LINEで送る

super bug(多剤耐性菌)の

問題がコレですね。

国内畜産物にも

・肥育(成長促進)目的(一部抗生剤のみ)

・感染症予防目的

・感染症治療目的

で利用されており、

畜産製品には「基準値内」の

残留濃度が求められていますが、

ヒトの常在菌叢や免疫機能に

どの様な長期的影響があるかは

分かっていません。

畜産動物でsuper bugが発生し

ヒトへ感染した場合の危険性の

為にWHOは肥育目的の抗生剤利用を

控える様な勧告を出している

くらいです。

ヒトでの利用でも、

深く考えず処置前後などでの

「予防的投与」を推奨しつつ

「濫用を警告」していた学会。

人や動物の免疫力を予防接種や

除菌抗菌グッズなど様々なモノで

崩壊させながら、

「抗生物質による発症/重症化予防」

をしながら、更に

「常在菌叢を崩壊するのは必要な犠牲」

と自己正当化している

最前線の医療関係者達。

常在菌叢を大切に守るとともに、

多くの感染症は正常な免疫力を

持っている人達、動物達は

自然に対応出来ることを

医療関係者や一般の方々に

周知徹底する必要がありますね。

もちろん、重症化しそうな

免疫力が弱った方の救命には

一時的な使用は必要ですが、

その後の常在菌叢の回復の

重要性を医療関係者はもちろん、

一般の方々も認識すべきです。

ただ、「常在菌叢の回復」

の為に何をどうしたら良いのか、

知らない医師がほとんど

だとは思いますが。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/amr-alliance-japan?utm_source=dynamic

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*