オイルが身体に合わない…

  • LINEで送る

こんにちは。

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

「脂質が大切」と言われるけれど…

・細胞膜は脂質で構成されている
・脳の60%程度は脂質
と言うことで
・良質な脂質が大切
と言われる様になりました。

しかし、
脂肪、特に液状オイルを摂ると
下痢をしてしまったりして
「自分にはオイルが合わない」
と言われる方がいます。

特にエネルギー源として注目される
中鎖飽和脂肪酸(MCT)に多い印象です。

 

「脂質が合わない」=「脂質は避ける」べき?

もちろん遺伝的に過敏な体質
と言う面もあるかも知れません。

その場合は精製度の高い液状油を避け、
食物から良質な油を直接摂る必要があります。

しかし、今まで摂っていなかった
ものに身体が慣れていない、
と言うこともあります。

本当に全種類の脂質が摂れないと言う方は
ほとんどいないはずです。
御自身の身体の構成物なのですから。

下痢をしてしまったりする場合は、
まずは半分、四分の一、と減量していき、
下痢をしない量が分かったら、
しばらくその量を継続して摂り、
身体が慣れたら増やしていく、
と言う方法があります。

次に、MCTオイルの様な
特定成分の純度を上げたオイルが
合わない可能性があります。

MCTオイルの原料として使われる
ココナツオイルには、
4種類のMCTが含まれています。

  • ラウリン酸:殺菌作用はあるが、長鎖脂肪酸の様に代謝され脂肪代謝を上げる働きは無い。
  • カプロン酸:脂肪代謝を上げるが、下痢や胸焼けを起こしやすい
  • カプリン酸:脂肪代謝を上げるが、効果が出るまでに時間がかかる
  • カプリル酸:最も早く体内のケトン体レベルを上げ、整腸作用もある

です。

ですので、脂肪代謝を上げる為に
MCTオイルを利用したいけれども
下痢や胸焼けがキツくて無理!
と言う場合は、その主要因とされる
カプロン酸が含まれず
純度の高いカプリル酸製品である
Brain Octane Oil(ブレインオクタンオイル)
と言う商品もあるので、
試してみても良いかと思います。

「カプリル酸」の
サプリメントもあるので、
それを使う方法もあります。

もっと手軽に出来る方法としては、
無理に精製されたMCTオイルを摂るのでは無く、
・精製度の低いエキストラヴァージンココナツオイル
・牧草飼育の牛や山羊などミルクから
 作られたバターやギー(澄ましバター)
利用すると言う方法もあります。

また、ここが大切ですが、
健康の為にMCTオイルは必須ではありません。

身体に合わない場合は無理に
脂質代謝を上げようと思わず、
むしろ良質な必須脂肪酸を
摂ることを意識しましょう。

・魚介類
・ナッツ類
などをうまく活用すると良いです。

必須脂肪酸については過去記事
健康と食事、栄養について
に記載しましたので、
必要な方はご参照下さい。

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*