「外食、コンビニ弁当のミネラル不足」

NPO法人食と暮らしの安全基金
が外食やコンビニの製品を
埼玉県食品衛生協会検査センター
に依頼し含有ミネラルを測定、
機関紙の今月(2017年2月)号で
公表されたと言う記事です。

測定された項目は
カルシウム、マグネシウム、
鉄、亜鉛、銅の5ミネラル。
一部はカリウム、ナトリウムも
測定されたとのことです。

その摂取量を下回ると半数に
健康障害が起きるとされる
「推定平均必要量」と比較。
必要最低量と言う感じですね。

続きを読む

「1日8-10時間のハイキング」

29日間自然の中で8-10時間
ハイキングをし続けることで
健康の指標となる数値が
改善したと言う研究報告の
紹介記事です。

この研究と同様のことを
すれば、おそらく身体には
良いのでしょう。
しかし、実行出来る人は
殆ど居ないと思われます。
加えて「適度な運動」として
この強度の運動は
やり過ぎだと思います。(^◇^;)

続きを読む

「自然死、病死の対応」

ぴんぴんコロリが一番。
皆さんそう言いますが、
いざそうなった場合、
その後の対応はかなり
大変なことになります。

かかりつけの病院があり
看取り対応してくれる
ならば良いのですが、
特に病院通いもしない
方が亡くなった場合、
警察が介入することに
なるケースが多いのです。

如何に健康的にパフォーマンス
高く生きるかも大切ですが、
この問題についても
しっかり考えておくべき
と思います。

http://www.huffingtonpost.jp/michiko-sakane/death-police_b_14633092.html

「格安航空券は思っているほどお得では無い」

格安航空会社(LCC)は
この記事に書かれている様に、
サービスを削ぎ落として
全てオプションにしたことで
安く見せているのが現状。

記事にもある様に、
全て理解した上で上手く
利用すれば良いわけですが、
トラブルが起きた時には
自力でなんとかするしか無く、
そう行った際には結局
割高になってしまう。

何か、現代の食環境と
同じ様な感じがします。
精製糖質だらけの安い
栄養価の低い食品。

続きを読む

「グルテンアレルギー」

最近、グルテンフリーと
言うキーワードが流行り
の様ですね。

2週間小麦製品を抜くと
体調が良くなるのは、
グルテンアレルギーかも。
と言う記事ですが、
そもそも小麦を含む精製糖質
が市中に溢れている現状。

多くの方にとっては、
グルテンアレルギーだから
では無く、単に過剰糖質を
摂らない様にしたから
体調が良くなる可能性の方が
かなり高いです。

続きを読む

「週一回の運動習慣」

運動習慣って、なかなか
続けるの難しいですよね。
しかし、朗報があります。

週に何度か20~30分程度の
軽い運動をする人達と、
週末にまとめて
少し高い強度の運動をする人達、
どちらも運動習慣のない人よりも
死亡率が30%低かったそうです。
特に心血管系に限ると40%、
癌に関連する死亡リスクも
18%低かったとか。
しかも、頻度によって
効果に差は無かったそうです。

続きを読む

「卵は食べるべき?食べないべき?」

以前はコレステロール値を
上げるから、食べるなら
黄身は捨てて白身だけとか、
食べない方が良いとか、
1日1個までとか、
色々言われていました。

しかし、記事にある様に、
最近では食事中と血中の
コレステロール値は相関
しない、と日本でも
話題になりました。

動物性食品を食べない
と言う主義の方以外は
卵を食事に取り入れる
と良さそうですね。

https://hbol.jp/129298

自然派医師 本間 真二郎先生の

blogです。

「糖質制限は今すぐやめましょう!」
ってありますね。
ヤッター!
ドーナツやケーキ、丼飯も粉物も
腸内環境の為には必要!
気にせず食ってイイんだー!

違いますからね。
しっかりblogまたは本間先生の
facebook投稿を読んで下さい。

続きを読む

「自問力」

杉岡 充爾先生の投稿記事で
知り、購入して読了。

丁度良いタイミングで
紹介記事が。

人間は日常生活の中で
数知れず自問自答を
繰り返しているとのこと。
問題に直面した時に、
5つの問いかけを意識的に
行うことで、自然と解決に。

続きを読む

「食べる力」を奪う『医療界の不都合な真実』

消化器外科では、術後早期の
経口摂取を重視していますが、
実際この様な医療のチカラで
栄養投与され生かされている
高齢者は数多いです。

そういう方々へのCVポートや
胃瘻と言った栄養投与経路の
作成依頼も多くあります。

認知症が先か経口投与の
機会を奪うのが先かは
様々でしょうが、
少なくとも意識がしっかり
している方に関しては、
嚥下訓練を行いながら、
なるべく経口摂取が
出来る様な努力をしている
ことも御理解下さい。

続きを読む