こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

「健康的な生活」の為に
・栄養
・運動
・休息
・瞑想
と言うことは良く言われます。

ただ、現代人の多くが
陥っているもう一つの
要因があります。

なんだか分かりますか?

色々思いつくかも知れませんが、
今回の答えは
「酸素不足」です。

えぇ?
普通に呼吸してるし、
別に空気中の酸素が薄い
ところに住んでないです!
と思いますよね。(^_^;)

現代人の多くは猫背!

どういうことかと言いますと、
現代人の多くは前傾姿勢を
取る時間が非常に長くなっています

特にパソコンやスマホなどを
いじったりしていると、
前傾姿勢がちになります。

筆記用具でアナログに作業を
する場合でも同じことでは
ありますが。

この前傾姿勢が習慣化する
と言うことは、脊柱や脊髄に
過剰な負担を敷いていると言う
一面もあります。
人間の平均的な頭部の重さは
どれくらいだと思いますか?

正解は5-6kg
よくボーリング球と同じくらい
と表現されます。

正しい姿勢であれば、
全脊柱で重さを受け止められる
のですが、頭が前に出ればでるほど
首まわりの負担が大きくなり、
僧帽筋などを緊張させサポート
しないといけなくなります。

ですので、
定期的に休憩するとともに
後屈運動や腕を回したり
上げ下ろしする様な運動が
とても大切になります

また、最近では
歪んだ姿勢が続いていると、
細胞骨格を
形成している
構造が歪んで
細胞機能にも
影響を与える

と言う報告もあります。

猫背と酸素?

それはわかったけど、
なんで酸素?
と思いますよね。

では、思い切り背中を丸めたまま
深呼吸してみて下さい。

その次に姿勢をまっすぐにして
出来る限り深く深呼吸してみましょう。

どちらが多く吸えましたか?

まっすぐの時ですよね。

前傾姿勢を続けていると、
呼吸が無意識のうちに
浅くなります。

そうすると、
十分に酸素が取り込めず、
気が付かないうちに
酸素不足になっている
と言うことが意外に
多く起こっているのです。

休憩の時の深呼吸の重要性

ですから、
休憩時に前後屈運動や
腕まわし、腕の上げ下ろしを
すると同時に深呼吸も
意識しましょう。

もし、深呼吸をして、
気分が悪くなったり、
クラクラする様な場合、
あなたは慢性的な低酸素
に慣れ過ぎていると
言うことなんです。

無理は禁物ですが、
少しずつ深呼吸をする
習慣を増やしていきましょう

いままでなかなか治らなかった
慢性的な症状が少し良くなったり
集中力が上がったり
してくると思いますよ。

もし
ご自身に合う方法を見つけたい、
望む結果を早く出したい、
と言う場合には、
個別面談申込のフォームより
お申込み下さい。

健康に必要な知識を
これから学んでいきながら、
健康に意識の高い人達と
交流をしていきたいと言う方は
オンラインコミュニティ
参加されるのもよいかと思います。