「iPhoneの音声入力、文字読み上げ機能」

  • LINEで送る

本日は、健康関連ではありません。

知っている方も
いるかも知れませんが、
iPhoneの便利な機能を
シェアさせて頂きます。

昨日、ミーティングの際に
ご存知無かった方がいて、
意外と知られていないのかな?
と思いましたもので。

iPhoneやiPadを使われている
方が対象になります。
Androidの方も同じ様な機能が
あるはずですが、利用したこと
が無いので分かりません。(^_^;)

Siriの音声認識機能を利用した
音声入力機能についてです。

メモやメールなどの
テキスト(文字)を入力する
画面になるとキーボードが
表示されます。

そこに、キーボード切替の
地球マークの右隣にマイクの絵文字が
あり、そこをタップ(ツンッと短く突く)
とピンっと音がしてキーボードが
音に反応して波打つモノに変わります。

この状態でマイクに向かって
話しかけるとあら不思議(笑)
喋った内容が文字になります!

、は「てん」。は「まる」
改行は「かいぎょう」
で入力されます。

スマホは便利だけど文字打つのが、
という方には素晴らしい機能で、
精度も意外と高いです。

もちろん直接メール作成や
投稿に使うのも良いですが、
とりあえずメモ等で文章を
保存し、その後にコピー、体裁を
整えて投稿なりメールなりに
利用される方が良いかもです。

通常何もしないとマイクのマーク
はオンになっていますが、もし
無い場合、
設定→一般→キーボード→音声入力
で機能のオンオフが出来ます。

 

付属のイヤホンや通話用マイクが
ついているイヤホン等では、
そのマイクを使って入力が可能、
テキスト入力をする画面で
利用可能です。

加えてもうひとつ。
アクセシビリティと言う、
様々な障害をお持ちの方に
向けた補助機能があるんですが、
その中のスピーチ、画面の読み上げ
と言う機能をオンにすると、
二本指を画面上から下に滑らせると
画面に表示されて文字を
読み上げてくれます。

 

長いメールやウェブサイトを
表示させ、機能をオンにすると
耳で聴けるのでとても楽に
なります。

特にこれが便利なのは、
Kindle本を開いた画面で利用すると、
オーディオブックの様に音声で
読書することが出来ます。

一部の英語や数字は読み方が
変になりますが、
大体の内容は分かりますし、
読み上げるスピードも変えられる
ので、うまく利用すると良いかと
思います。

知らなかった方は是非御活用下さい!
作業が楽になりますよ!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*