Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / ヘルスコンサルタント /

◯◯ができたら疾患リスクは低くなる!?

◯◯ができたら疾患リスクは低くなる!?

こんにちは!



ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です。



「腕立て伏せが40回できれば

心血管疾患リスクはかなり低い」

と言う米国医師会ネットワーク

での報告の紹介記事がありました。

腕立て伏せが40回できれば心血管疾患リスクはかなり低い

自重にせよ、マシンエクササイズにせよ、筋トレブームが続いている。米国医師会が発行するJAMAネットワークに掲載された報告によれば、腕立て伏せを40回以上できる中年男性は、心血管疾患(心筋梗塞や狭心症)のリスクがかなり低いという。



細かく紹介すると、

2000~10年の間に

Indiana州の18歳以上の

男性消防士の身体検査データから、

腕立て伏せ可能回数が判明している

1104例について関連を解析。

対象の平均年齢は39.6歳、

平均体格指数(BMI)は28.7。



10年間の追跡期間中、

37件の心血管疾患が発生。

解析の結果、

腕立て伏せ可能回数が

10回未満群と比べ、

40回以上群の

心血管疾患発症リスクが

96%も低かった。



似た様な報告は

・握力

・スクワット

など色々ありますが、

大事なのは全身の運動能力の

指標としてそれぞれの

トレーニングを使ってる

と言うことに注意が

必要です。



今回の紹介記事で言うと

「腕立て伏せだけ40回クリア」

したからリスクが96%低くなる

と言うのは誰にも言えない

と言うのが事実です。



握力やスクワットも同様。



適切なトレーニング習慣で

満遍なく鍛え上げられた身体を

中年期でも保っていることが

リスクを下げる可能性がある

と言うのは言えるのですが。



米国ではこの様な研究は

意外と多いのですが、

運動習慣を促す目的で

やられているのかと思います。



変に踊らされて

偏った運動をしない様に

バランス良く適度な

運動をする様にしましょう。



自分のリスクが心配な時に

腕立て伏せ可能回数を試してみる

と言うのは良い使い方かと

思います。



ただ今回の米国医師会の報告者は

「職業柄、

身体活動のレベルが高い男性を

対象としたもので、女性や

一般的な身体活動量の男性には

当てはまらない」

としてますので、

あくまで参考までに。

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です