「ココナッツオイルは健康的なのでしょうか?」

  • LINEで送る
2017年6月に、アメリカ心臓協会が
その中で、世間一般に言われている
ココナッツオイルの健康効果は
否定的でありむしろ有害とでも
言う様な内容になっていました。

 

メンターのDr.Jonesの親友でもある
Dr.Josh Axeが、それを否定し、
適量なココナッツオイルと
ω3、ω6の必須脂肪酸バランスを
適正にすることが大切である、
と言う記事を掲載されました。

 

全訳を掲載させて頂きたいと
思います。概要を知りたい方は、
Facebookの記事を御参照下さい。

体験コンサルの御案内
(翻訳記事はこの下にあります)


病気では無いが体調がスッキリしない
最近パフォーマンスが悪いと感じて
いらっしゃる起業家、経営者の方々へ
本気で体調やパフォーマンスを
改善させる為の体験セッションを
行っております!

内容:体験セッション90分(対面/オンライン)
         ※対面は基本は都内近郊に限らせて頂きます
         事前に問診票を送付致します。
         それに記入したものを提出して頂き、
         回答内容に沿ってセッションを行います。

注意事項:医療的な内容も可能な範囲にて
                  対応致しますが、病院での
                  診察や診断に代わるものでは無く、
                  一般的な意見や助言になります。

料金:20000円/90分
         銀行振込/クレジットカード
         対面時のみ現金支払いも可。

申込方法:Facebookメッセージまたは
                 blog内「体験セッション申し込み
                 フォームよりお申し込み下さい。

以下、全訳です。

アメリカ心臓協会(AHA)の
2017年6月の飽和脂肪に
関する報告のおかげで、
これまで以上に混乱を
感じているかもしれません。

AHAからの助言レポートは、
食物に含まれる脂肪および
心臓血管疾患を調べています。

しかし、
ココナッツオイルに対する警告は、
実際に多くの人に衝撃を与えました。

「ココナッツオイルは、
あなたが思っているほど
良いものではありません」

「ココナッツオイルは
健康的ではありません。
決して健康的ではありません」

そして、ココナッツオイルは
「牛肉の脂肪とバターと同じく健康でない」とされました。

この記事では、AHAの
どこが間違っているのか、
食事中のココナッツオイルを
取り除くことが、
健康上の重大なミスである
可能性があるのか、を
詳しく説明します。

私が宣伝してきたココナッツオイルは 、
特に脳の健康状態を改善することに関して、
長年にわたりメリットをもたらしています。

AHAの報告書には正しいことも含まれます
が(後で説明します)、
最大の問題は次のとおりです。

AHAの著者は状況を単純化しています。
さらに、彼らがココナツオイルを
摂取しない様に言っているのは、
私の意見では間違った選択です。
詳しく説明していきましょう。

ココナッツオイルは健康ですか?
あなたが知る必要があるものは
ここにあります

アメリカ心臓協会の
ココナッツオイルのニュースには
多くの人々が驚いていますが、
心臓病のリスクを減らすために
飽和脂肪の消費はゼロにする様に
指示するガイドラインは
覚えておくことが重要です。

AHAは、
平均的な男性について
毎日の飽和脂肪摂取量を
1日当たり30グラムに
制限することを推奨しています。
女性であれば1日20グラム。

・男性はココナッツオイル2杯
・女性はココナッツオイル1.33杯
相当量に相当します。

彼らが高脂肪のPaleoダイエット
またはケトジェニックダイエットを
していない限り、ほとんどの人は
1日でこれを上回ることはありません。
(そして、高脂肪食では、
健全な脂肪を消費している人もいます。)

報告書からの最大の朗報は、
野生の魚、オリーブ、アボカド、
ナッツ、種などの健康に良い脂肪酸が
豊富な食品で地中海食を摂取することを
勧める勧告でした。

しかし、ココナッツオイルに
戻ってみましょう…

コレステロールの問題

ココナッツオイルは健康ですか?
AHAはココナッツオイルの使用に対して、
LDL、すなわち「悪玉」コレステロールを
増加させ、「好ましい効果を
相殺することは知られていない」ことを
アドバイスしています。

ココナッツオイルは
LDLレベルを上げることができます。
しかし報告書が言及していないのは、
ココナッツオイルはHDL、
すなわち「善玉」コレステロールレベルも
上げられるという事です。

実際、ブラジルの研究者は、
余分な未精製のココナッツオイルを
食事に組み込むことで、
健康なHDLコレステロールが上昇する
ことを発見しました。

心臓を保護する2大要因である
過剰な体重を減らし、
ウエストラインを絞りこむ
ことも助けます。

コレステロールを測定することが
心臓病を示す最も良い方法では
ないかもしれないという事実の他に、
あなたに理解してもらいたい
もう一つの大きな覚えておくべき
ポイントがあります。

AHAがココナッツオイルに対する
アドバイスをしている理由は、
LDLコレステロールが
心臓病のリスクを高めると
述べているからです。

しかし、
12,000人以上の人々を
対象にした研究では、
低コレステロールが発見されました。

心臓病の根本原因である炎症を
減らすことに本当に焦点を
当てなければならないのに、
私たちはコレステロールに
固執し過ぎているのかも
知れません。

心臓の健康を改善するためには、
心臓病の最も大きな危険因子
である高コレステロールから、
食による炎症および酸化の低減に
焦点を変える必要があります。

それが病気の根本原因だからです。
肝臓は、体の修復物質として
コレステロールを生成します。

これは、炎症や酸化が動脈で
起こっているために起こります。
あなたの家のパイプとして
あなたの動脈を想像してください。

パイプが破損して
漏れが生じた場合は、
そのエリアにパッチを当てて
修理する必要があります。

問題は高コレステロールではありません。
問題は炎症を引き起こす生活習慣です。
心疾患のリスクに関して
コレステロール値が
どの程度であるべきかを
本当に知りたい場合は、
総数ではなく、コレステロール比を
評価する必要があります。

私がAHA分析を読んだときに
明らかになったことは、
引用されている研究の多くが
HDLコレステロール値または
その比率を考慮していなかったことです。

ハーバード・メディカルによる
簡単な説明は次のとおりです。
「総コレステロール対HDLの比率は
重要です。 数値が小さいほど良い。
例えば、総コレステロールが200、
HDLが60の人は、3.3(200÷60 = 3.3)
の比率を持ちます。
その人のHDLが35と低かった場合、
総コレステロール対HDL比は
5.7倍高くなります。

 

摂取するオイルを換える際の問題

おそらくAHA勧告の
最も驚くべき部分は、
より多くのトウモロコシと大豆油を
食べることを勧めていることです。
オェ!

これらの作物の90%以上が
遺伝子組み換えされています。
また、 ノルウェーの研究者は、
米国大豆が除草剤ラウンドアップの
主成分であるグリホサートを
「極端な」レベルで含んでいる
ことさえ発見しました。
(はい、食べ物の中にあります。
洗い流すことはできません。)

しかし、ここで最大の危険信号があります
British Medical Journalに
掲載された2016年のレビュー調査では、
飽和脂肪酸を食べている人々が
リノール酸が豊富な植物油脂に
置き換えたときに何が起こるか
を調べました。

飽和脂肪を消費する代わりに、
人々は多価不飽和脂肪が
豊富なトウモロコシ油や
マーガリンを食べました。

トウモロコシ油や類似の油で
飽和脂肪を置き換えると、
実際にはすべての原因から
冠状動脈性心疾患や死亡の
リスクが高まりました。 ( 9 )

トウモロコシ、大豆および
他の野菜油は、ω6脂肪酸が多い。
ω6脂肪酸は必要ですが、
標準的なアメリカの食事は
ω6脂肪酸があまりにも多く、
ω3脂肪酸があまりにも少ないです。

トウモロコシ油の
ω6対ω3比は49:1です。
閉経後の女性乳癌や男性の前立腺がんは、
ω6過多の食事がリスクを高めている
という報告もあります。

 

熟慮すべき重要なポイントは、
「ココナッツオイルは健康ですか?」

・AHAは過去に疑問のある食事ガイドラインを発行しています。
 これには、低脂肪加工食品(しばしば糖質を伴います)を食べ、
 バターの代わりにマーガリンを
  選ぶことが含まれます。
 (AHAは以来、糖質重視の姿勢を取っています。)
・私たちは過去に食物指導の例を見てきましたが、
 しばしば悲惨な結果をもたらしました。
 研究者が赤身の肉がすべて悪いと言ったとき、
 工場で飼育された肉と草を食べる肉とを
 区別できなかったことを覚えていますか?
 80年代、すべての脂肪は悪いと分類されました。
 脂肪に置き換える為のものは、ω3脂肪酸以外は悪いです。
 さて、私たちは、飽和脂肪に注意する必要があると聞いています。
 将来的にはどうなるのでしょう?
・ 飽和脂肪についての真実 ? それが必要です。
 私たちの細胞膜の少なくとも50%は飽和脂肪酸で作られています。
 これは、免疫系を強化することから、
 肝臓を毒素から保護することまですべてを行います。  
 
・ コレステロールの人間の健康への役割は複雑です。
 実際に脳の健康の為にはコレステロールが必要です。
 そして、ますます多くの科学が、
 特定の高コレステロール食品が私たちにとって悪い
 という考えの誤りを指摘しています。
 例えば、 The American Journal of Clinical Nutritionの調査では、
 卵や食物コレステロールが実際に認知症を引き起こすことはない
 との 2017研究があります。
・一部の人々は、2017年の報告書は、
 実際には、古いAHAの勧告からのステップアップと考えています。
 ここでは、研究者はココナッツオイルを推奨していませんが、
 それを完全に避けるよう言っているわけでもありません。
・心臓病のリスクを減らす強力な方法は、
 精製された炭水化物と砂糖を制限することです。
 これらの不健康な炭水化物は、低HDL、インスリン抵抗性、
 sLDL粒子および高中性脂肪を促進します。
・AHAは小さな方向修正を行うでしょう。
 彼らはココナッツオイルまたは飽和脂肪を
 大さじ2またはそれ以下では、必ずしも酷い結果には
 ならないとも言っています。

ココナッツオイルは健康ですか?

神経学的健康

飽和脂肪(ココナッツオイル、カカオ、牧草肉、ギー)の
正しいタイプの摂取量を増やすことで、
体内のHDLコレステロールの生産が
増える可能性があるという報告があります。

脳、脊髄、神経の構成物質の
25%はコレステロールです。
より多くのコレステロールを
摂取することが神経の健康を
改善する可能性があります。

神経支援が必要な方にとっては、
ココナッツオイルは医師が
注文したものに過ぎません。
実際、飽和脂肪酸は
アルツハイマー病、痙攣発作
およびうつ病の人々を
助けるかもしれません。

 

Ketogenicダイエットによる減量

ますます多くの研究が、
ケトン生成、高脂肪、
低炭水化物食の利点を
示唆しています。

これは特に、
・体重減少
・2型糖尿病
・記憶力
については正しいです。

私はケトーシス状態を
長期に続けることは
お勧めしませんが、
(先祖がやっていた様に)
30-90日間の間隔で続けることは、
体重、PCOS症状の改善が
期待出来ますし、
2型糖尿病や記憶の改善も
報告されています。

食品を使った
心臓病リスクを軽減する
最良の方法
異なる人々は食品に対して
異なった反応を示します。
だから、ひとくくりの栄養説明書を
作るのは本当に難しいのです。

一部の人々は
ココナッツオイルに耐性があり、
ホルモンバランス、気分、
記憶および体重の
大幅な改善を見ます。
別の人にとって、
ココナッツオイルは
答えではないかもしれません。

このAHAの報告書は、
個別化された栄養と医学のために
プッシュする必要があることを
再度指摘しています。

ある人に良いことが
別の人にはうまくいかない
かもしれません。

しかし、一般的には、
より良い心臓の健康のために
食事に取り入れるべき食材が
あります:

ハーブ

ウコン、ニンニク、ローズマリー、
カイエン、シナモン
はすべて、心臓病のリスクを
軽減することが示されています。

 

ビターグリーンズ

伝統的な中国医学と
アーユルヴェーダ医学では 、
苦い緑色の野菜が
心臓の健康を促進することは
よく知られています。
これらは、ルッコラ、
ブロッコリーレイブ、タンポポの葉、
ディルとクレソンが含まれています。

 

オメガ3リッチフーズ

サバ、サーモン、イワシ、マグロなどの
EPAやDHAの高い野生魚は
ナッツと同様に抗炎症効果が非常に高い。
ALAが豊富なチアの種子 、
亜麻の種子、クルミも
オメガ3が豊富です。

「ココナッツオイルは健康ですか?」
の最終的な結論は?

 
・AHAの報告書
「食物脂肪および心臓血管疾患:
 米国心臓協会からの大統領諮問報告」の勧告は
 全体的に近視眼的である。
・ AHAは、心臓の健康だけを見て、
 総コレステロールレベルで
 心臓の健康状態を判断しています。
 これは必ずしも心臓の健康を決定する
 最も正確な方法ではありません。
 
・実際に飽和脂肪を野生の魚、
 オリーブ、アボカド、種子、
 発芽した古代の穀物に置き換えた場合、
 AHAの示唆する食生活でうまくいくかもしれません。
 残念なことに、多くの人々は代わりに
 小麦のパンや野菜のような穀物に
 トウモロコシやGMOのキャノーラの様な
 油を使うかもしれません。

 

・誰もが違うことを覚えておくことが重要です。
 このため、私たちは今後、
 パーソナライズド・メディスンの重要性
 についてのさらなる証拠を見ることになります。
・今日あなたの心臓を守るために、
 料理により多くのハーブを使用し、
 より苦い葉野菜を食べ、
 草を食べた肉や魚から健康な
 オメガ3脂肪酸を確実に得てください。
・ココナッツオイルは健康ですか?
 真実は、ココナッツオイル、カカオ、ギー、
 そして牧草飼育の動物由来の飽和脂肪酸は、
 心臓病については、おそらく犯人ではありません。
 水素化油、精製穀物、砂糖、加工食品が最大の悪人です。

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*