Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / ニュース解説 /

【「加圧」の真実】

【「加圧」の真実】

by 宮崎 光史

こんにちは!



ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です。



通販メインで様々な

「加圧シャツ」が

販売されてましたが、

ようやく消費者庁が

乗り出しました。

404 Not Found

No Description



ピッタリしたら着圧タイプの

シャツを着ると筋肉が刺激され

トレーニングしなくても

モリモリに。



そんな夢の様なシャツな

スパッツがあったら

アスリート達が

見逃すはずありませんし、

老人ホームや病院で使えば

入院してるだけで

筋肉モリモリです。(笑)



なんでこんなのに

騙されてしまうのか?



「着圧」では無く「加圧」

と称したところが、

販売者が賢く姑息なところ。



「加圧トレーニング」と言う

トレーニング方法があります。

腕や脚の付け根を専用バンドで

適切な強さで締め

静脈血流を駆血しながら

低強度の運動を短時間行い、

軽く鬱滞したリンパや血液を

バンドを解除することで流す。

コレを数セット繰り返すのです。



トレーニング業界でも

毛嫌いする方がいるくらい

賛否両論ある手法ですが、

通常のトレーニングと

併用することで、

余計な疲労や負担なしに、

筋肥大効果があることは事実。



ただ、

「到底楽では無くかなり辛い」

のが事実です。



自分は幸いにも詳しい方に

直々に教えて頂いたので、

そのノウハウや効果を

目の当たりにしました。



そして、「着圧タイプ」の

シャツやスパッツ、水着などは

元々あるパフォーマンスを

若干引き上げる効果があるのは

事実であり、アスリート達が

着用しているユニフォームを

見ればお分かりかと思います。

しかし、長時間の着用は困難な

くらいの締め付けであったりと

日常利用出来る様なモノでは

意味が無いこともまた事実です。



ただ、市販の着圧タイプのモノ

全てが無意味と言う訳では無く、

適切な着圧ストッキングや靴下が

「静脈瘤の悪化予防」

「下肢の浮腫の軽減」

に効果があると言うのは

病院でも採用されている

ことからも分かります。



面白そうな広告を見た場合、

「◯◯するだけでバキバキに!」

「我慢や努力無しで理想のボディ」

などの表記があるモノは、

今回の「加圧シャツ」と

同じ様な紛い物と考えた方が

良いかと思います。



あ、もちろん

「適切な強度と頻度でしっかり

トレーニングを続ければ…」

と言う記載は信用しても

良いですよ。(笑)

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です