Dr.Kのヘルスケア情報局
セルフケアの意識を広めるとともに、健康維持増進、パフォーマンスアップをサポート
ホーム / マインドセット /

【自立の重要性】

【自立の重要性】

by 宮崎 光史

こんにちは、Dr.Kです。

ご無沙汰しました。

人の強みを見出し理解し上で
それを言動やチーム作り、
コミュニケーションに活かして
自分が本当に生きたい人生を
実現させる手助けをするための
ツールを自由に使いこなせる様に
学んでおりました。

改めて「自立」した思考と
行動が大切だと感じました。

独立した事業主や法人経営者以外を
否定するつもりはありません。
組織内の正社員の方であっても、
精神的に「自立」した思考や行動は
十分に可能です。
もちろんその組織にもよりますが。

他人からの情報や指示を待ち
言われたことだけをやり、
なんとなくその日暮しをして
帰って寝ると言うのも、
悪いとは言いませんが
自分の真に生きたい人生は
歩めない可能性が高いです。

そしてコレは健康についても
全く同じことが言えます。

不調や症状を治してくれる、
薬やサプリメント、病院や医師
を探し回る様なことよりも、
ガンを含む慢性疾患の原因の
90-95%と言われる生活習慣/環境の
現状を直視し自分が改善する、
と言う意識改革をすることで
多くのことが改善していきます。

生活習慣/環境の重要性は
逆に言えばそれまでの
親や自分の習慣/環境の蓄積が
不調や症状を90-95%引き起こしている
と言うことでもあります。
0-5%はどうやっても変えられない
遺伝的要素ではあるのですが。

・自分の強み/弱みを知る
・現状を直視する
・自分の価値を高める
・社会/市場の求める価値を
リサーチし提供する
と言うことが
経済的な成功には必要になります。

勤め人であれば、
最後のところは会社組織の
求める価値を明確にして
自分の強みを最大限に活かし
組織への貢献をする、
と言う感じでしょうか。

健康も全く同じなんですね。
遺伝的要素と習慣や環境の
積み重ねにより、
人により強いもの弱いものの
差が出てきます。
食べ物、運動、思考パターン、
背骨や筋肉などの歪みなど。

ソコを直視するとともに、
自分の中の可能性を最大限に
活かせる様に自らを直視し
リサーチするとともに、
習慣/環境を改善していくことが
真の意味での病気予防や
健康の維持増進につながります。

人生100年時代と言われる中で、
年金は運用が失敗したことで、
給付開始年齢は上がり
給付金額は減る傾向にあります。

健康保険や介護保険も
既に破綻していると言われてから
かなり時間が経過しています。
コチラも公費負担率が減少したり、
対象疾患や薬剤などが絞り込まれる
傾向が出てきています。

この様な中で、
経済的にも80-90歳までは
なんらかの形で働くことが
必要な時代になってきます。

もちろんそれまでに
生活や娯楽/嗜好を楽しめる様な
資産形成をして不労収入を
確保していればまた話は別ですが。

その為にはやはり
医療や介護に頼らずに
自立した健康を維持向上させる
ことが重要な基盤となります。

その為にサポートとなるのが、
ヘルスコーチであり、
ヘルスドクターです。

健康を失った後の医療/介護費は
1人平均約33万円/年
60-89歳は平均約115万円/年
生涯医療費は平均約2500万円
介護費は期間が5年の場合約550万円(在宅)
と言われています。

現在の「予防医学」の多くは
頻繁に検査を受けることと、
早期発見早期治療という事で、
より早くからの薬や処置の開始
がメインになってしまっており、
富裕層を対象とした優先的な
相談や診察を行い有名な医師へ
優先的に紹介してもらえる様な
メディカルサロンについても、
基本は変わりませんが
入会金100-200万円に加え、
30-50万円の年会費が必要であり、
万が一の時には上記の医療/介護費が
平均以上かかることでしょう。

また病院において医師に対して
病気治療について相談する場合、
セカンドオピニオン外来で
1回60分程度(相談45分報告書作成15分)
で2-6万円(保険適用外)
と言うのが相場になっています。

そしてほとんどの医師は
病気の症状が起こる理由や
それを抑える方法については
詳しいですが、
根本的にどうして起こり、
どうすれば防げるかについては、
全く知らない状態です。

ですから健康の維持増進の相談は
病院でのセカンドオピニオン以上の
価値があることなのです。

ヘルスコーチやヘルスドクターも、
100%の真実を知りお伝え出来る
と言う訳ではありませんが、
日本より遥かに厳しい医療状況の
米国で進んでいる予防医学研究の
最先端知識を学んだ人達であり、
千差万別である個人に対して
より適切な解決策を見つけ、
それを実践し習慣化していく
手助けをすることが出来ます。

一生使える知識と習慣を
3-6ヶ月程度で学び習慣化出来る
サポートプログラムも提供します。

ヘルスドクターとしては
専門家対象のサポートをメインにしてますが、
一般の方々からのご要望も多数頂いており、
今後なんらかの形で提供出来ればと
思っております。

思い通りの人生を歩みたい、
経済的に自立したい、
と言う方々に対しては、
健康面と経済面合わせての
指導も出来る様になりました。

ご希望があればお問い合わせ
頂けたら幸いです。

この記事を共有する

コメント

  • 吉田武美
    2019年11月30日

    宮崎先生、いつもFBでのメッセージをありがとうございます

    VHC2期生の吉田武美と申します。

    また、先生が、経済的なヘルスコーチとしての講座を開かれたりするときには、
    是非受けたいと思っております。

    どうぞよろしくお願いいたします

    吉田武美

    • 宮崎 光史
      2019年12月4日

      吉田武美さん
      こちらこそありがとうございます。
      よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です