2018年 12月 の投稿一覧

【「はたらく細胞」】

こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

今回はアニメにもなっている
漫画の紹介です。

「はたらく細胞」と言うもの。
https://hataraku-saibou.com/

見たことある方もいるかも知れません。

かなり分かりやすく
体内の細胞の働きを擬人化しています。
まぁ正確なところはツッコミどころも
無いわけではありませんが、
入門編としては良いのでは、
と思います。

Youtubeで期間限定で
今までのストーリーが
公開されているので、
観てみると面白いですよ!

下の方にYouTube動画を
観られるようにしておきますが、
公開終了後は観られませんので、
御注意下さいね!

登場する用語の解説は結構しっかりしてます。
ただ、この漫画の世界が
100%実際の体内や細胞機能を
再現しているわけでは無いので、
大枠をイメージとして理解出来たら、
ちゃんとした勉強もしておくことを
オススメ致します(笑)。

更にこの作品が出来たキッカケも
素晴らしいと思いました。

原作者の清水茜さんが当時高校生の妹から
「細胞について覚えたいので読み切り漫画を1本描いて」
と細胞を擬人化したキャラクターの
イラストを提示されたのがきっかけだとか。

「月刊少年シリウス」(講談社)で
2015年3月号より連載しているそうです。
元々は2014年に行われた
第27回少年シリウス新人賞の
大賞を受賞した読切作品
「細胞の話」を連載化したもの
だと言うことですが。

登場する細胞に固有名は無く、
○○球XXX番の様な番号名と言うのも、
体内に多数ある細胞と言うイメージで
面白いと思います。

【1-4話(期間限定)】

【5-8話(期間限定)】

【無投薬養殖ウナギ】

こんにちは!

ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です!

今朝テレビをつけたら

鰻の養殖場の特集が。

鹿児島県の山田水産の

事例が紹介されてましたが、

山田水産有明事業所が

2005年に日本初(と言うか世界初?)の

「無投薬養殖」を実現!

一般的には病気予防などの為に

数種類の薬品を餌に入れるのが

業界では常識という中での実現。

やはり養殖モノは注意する必要が

ありますね。

当たり前と思われているところを、

当たり前とせず改善したことに

ただただ感服です。

しかし、養殖池の前に家を構え、

小数点以下の精度で

水温などを管理する制御盤、

エラー発生時には寝室のベッド上に

あるアラームが鳴り、

携帯へ詳細なエラー内容が書かれた

メールが送信されると言う徹底ぶり。

今後は産卵から養殖出荷まで

完全養殖への挑戦されるとのことで、

実現すれば天然鰻の資源保護に

繋がるので、素晴らしいことだと

思います。

http://yamadasuisan.com

【手抜きの浄水場!?】

こんにちは!

ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です。

水処理エンジニア

川中 功社長の

Facebook投稿シェアです。

「日本の水道水は美味しい」

と世界で絶賛された理由が

緩速濾過だったとか。

「水道水がマズイ」理由は

もちろん次亜塩素酸が

蛇口の吐水中に一定濃度以上

残留する様に添加された

と言うこともあるのですが、

現在普及している、

化学薬品や膜を使った急速濾過

の影響が大きいそうです。

そして、すごく深刻なのが、

「緩速濾過の専門家が居ない」

と言うことです。

目先の利益と効率を優先したことで、

大切な技術の継承がされずに

喪われている。

水処理だけでなく、

あらゆる分野で起こっている

問題だと思います。

【ミトコンドリアの真実】

こんにちは!

ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です。

「ミトコンドリア」って

聞いたことありますか?

皆さんの細胞内に多数存在し、

酸素を使って効率的に

エネルギー通貨と称される、

ATPを産生する細胞内に器官。

細胞自体とは異なる遺伝子を持ち、

元々は別の生物だったモノが

長い年月をかけて

共生する様になったと

言われています。

我々が学生の頃は、

「受精時に精子内のDNAのみが

卵子に入り込むので、

細胞内のミトコンドリアは

母親由来である」として

教えられました。

その理論では、

全ての人類の細胞内ミトコンドリアは、

母親の物と同じ遺伝子のはずであり、

それが当然と信じられて来ました。

ところが、

父方のミトコンドリアの発見が

相次いでいるのです。

https://gigazine.net/news/20181130-mitochondrial-dna-passed-through-fathers/

最初は検体の混入によるミス、

とされたそうですが、

どうやらそうでも無さそう。

全人類の始祖として、

「ミトコンドリアイブ」なる

存在も提唱されていましたが、

根本から覆る可能性も

出てきますね。

今日の常識は明日の非常識。