Dr.Kのヘルスケア情報局
セルフケアの意識を広めるとともに、健康維持増進、パフォーマンスアップをサポート
ホーム / スピリチュアル /

【スピリチュアルへの雑感】

【スピリチュアルへの雑感】

by 宮崎 光史

こんにちは、Dr.Kです。

ヨガと瞑想を学ぶと、
「現世意識」「胎児意識」「前世意識」
「寄生意識」「宇宙意識」
と言う用語が出てきます。

「宗教っぽくない?」
と感じる方も多いでしょう。
一言で言えば「ヨガは宗教です」
と言って間違いないと思います。

「魂の輪転再生」「前世の因果」
「宇宙意識」など現在ある多くの宗教の世界観に
大きな影響を与えていることも事実です。

最先端科学が解明出来ない
精神世界のことを太古の昔から
探究してきた宇宙や自然、人間の内面の
見方の一つと考えることも出来ます。

また、インターネットやIT、
微小世界における物理学「量子力学」
などにおける事象がスピリチュアルな
様々な事柄とリンクする様なことが
多々あるのも興味深いところです。

ヨガと言うのはファッショナブルな
ヨガウェアを着てポージングと呼吸を
行う健康体操。
と言うイメージが強いですよね。

しかしこのポーズを取って行うヨガは
ハタヨガの身体的修法と言うモノで、
ポーズと体操が目的ではありません。

ヨガの修法の一段階である「瞑想」も
仏教に伝わり修行法として「坐禅」や
「阿字観」となり広まりました。
巷で流行っている瞑想の多くは
この仏教式「坐禅」であることが
ほとんどかと思います。

「閉眼し呼吸に集中しながら
自然と浮かんでくる雑念を
客観視しながら無になる」
と言う様なモノはそうです。

しかしヨガの専門家からすると
これはあくまで空や無我を目指す
「修行」でしか無いと言います。

ヨガ哲学における瞑想とは、
「自分の内界に存する真の自分との対話」
をすることと言えます。

その為にはまず心の平静を保ち、
過去の全ての記憶が蓄積している
とされる脊髄を活性化し、
必要な体力と柔軟性を育成する
必要があるのです。

ですからまず日々心の平静の為に
・やってはいけないこと
・やるべきこと
を可能な範囲で遵守しながら、
一般的に有名な身体的修法としての
ハタヨガにて体力と柔軟性を
育成するとともに脊髄を活性化する。

その際には生命の源とされる
呼吸の仕方がとても大切とされ、
身体的修法を究めることで、
五感を支配・制御することが出来ます。

そしてその段階をクリアすると、
ラージャヨガと言う精神的修法が
出来る段階となり、
心・意識を身体の特定部位や呼吸に
集中しながら瞑想を行い、
自分の内界にある真の自己(魂)と
対話することが可能となるとされます。

その際には自分が強制忘却している
過去の記憶を掘り起こしていくことに
なるのですが、潜在意識の中に
過去に十分に愛情が与えられなかったことによる
愛情への飢餓感情があったり、
過去に抑圧した感情があったり、
過去の言動に伴う「寄生意識」があったり
してそれが問題を起こしているので、
それを直視して解消していく
ソウルヒーリングを行なっていく。

それを
青年期→少年期→幼少期→胎児期
と遡っていくことでその先に
前世意識→宇宙意識と辿ることで、
三昧(サマーディ)や綜制(サムヤマ)
と言う状態に至ることが出来る。

そしてそこに到達したら、
様々な超能力を得ることが出来る、
と言われているのです。

しかし世の中には
生まれながらにして或いはある日突然、
超能力を授かったと言う「見える人」を
自称する方々が存在します。

写真や文字を見たり手を見るだけで
その人の過去や問題点が「見える」
そして「癒せる」と言うのです。

ヨガにおける修法をすることなしに
そのレベルに達していると言うのは、
前世の善因による善果と言うしか
理解のしようが無いです。

つい先日にその様な方がやられる
レストランに紹介で行ってみました。
パートナーが手相を見られて、
「お墓参り、祖先を大切にしてない、
いや片方を疎かにしてバランスが悪い」
と言う趣旨のコメントを言われ、
「そうなんですよー!」と
自分から詳細な過去を語り始めます。
ビックリでした。

冷静に考えれば
「全ての祖先のお墓参りと供養」が
完璧な人はほとんどいないです。

ちなみに自分には
「腰がかなり悪いね」と
ドヤ顔で指摘されましたが、
腰のトラブルは殆ど無いのです。
そしたら「これから気をつけたほうが良いよ」と。
どっちやねん、と言うか暗示かけてるんか!
と思ってしまいました。(^◇^;)

40年近く生きてる人で
多少でも腰を痛めた経験の無い人は
おそらく居ないでしょう。
意地悪な見方でスンマセン。

能力が目覚めてしまえば、
「やるべきこと」や「やるべきで無いこと」
と言う心の平静に大切な行動規範は
あまり関係ないのかな、
と言うくらい店内はカオスな感じ
でもありました。(^◇^;)

人助けをしておりそれを求める人がいる、
と言う意味では良いのかと思いますが、
全ての自称「見える人」がホンモノでは
無い様にも思います。

特に高額の金品を請求してくる場合。
需要が殺到してくるので敢えて高額に
していると言うケースもあるので、
一概に言い切れませんが。

もっと言うと多くの自称「見える人」は
「直観」や「心理的テクニック」に長けており
抽象度の高いコメントへの反応を見ながら
本人に語らせている様にも感じています。

カウンセラーとしては優れているので、
一概に悪いとも言えないのかなとは思いますし、
結局は自分で瞑想を行うことで直視すべきところを
誘導して直視させてあげていると言う意味では
素晴らしいのかも知れません。

しかし他力でそこだけ解決しても、
自力で過去の問題を直視していくとともに
真の自分と対話する習慣をつけないと、
自分の魂が本当に求める人生を歩むのは
難しいのかな、と感じました。

ちなみに現代科学特に医学は、
人類の科学的研究により解明された事実
に基づいていると思われていますが、
その殆どが多数の「仮説」に基づく
砂上の楼閣の様なモノであることも
また事実であり「今日の常識は明日の非常識」
という様な世界です。

精神世界と身体の健康を維持強化する
サポートをするのに自分に何が出来るか
何をすべきなのか、
今後も考えていきたいと思います。

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です