Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / マインドセット /

【学ぶことを今すぐやめよう】

【学ぶことを今すぐやめよう】

by 宮崎 光史

こんにちは!
ヘルスドクター
Dr.Kです

2012年2月にYouTubeに
掲載された動画です。
偶然なのか必然なのか、
今日この動画を知りました。
https://youtu.be/Uq-FOOQ1TpE

Jacob Bernett氏。
1998年生まれ 現在21歳。
TEDxTeenで講演した時は
なんと13歳!

2歳の時にアスペルガー症候群、
自閉症と専門家やセラピストに
診断され「特殊教育」と言う
「何も学ばせない教育」を
受けたと言います。

しかし彼は学習障害では無く、
興味を持ったことへ極度に集中
してしまうだけであり、
ズバ抜けた知性の持ち主でした。

彼はこの講演で
「学ぶことをやめて、
自分の感性をもとに考えること」
の重要性を説いているのです。
同年代の学生を相手に!(笑)

彼は10歳で大学に入学しますが、
面接時の失態で
1学期間入学出来なかった間に、
天体物理学のある問題を解決し、
反証不可能であることを
確認していたのです。

そして聴衆に呼びかけます。

「今後24時間学ぶことをやめ、
自分が情熱を持てる分野のことを
考えて欲しいのです。」

「『生徒』になるのでは無く
『分野そのもの』になって欲しい。
そうすれば何かを創り出せるかも。」

「独自の視点」を得る為には
今ある知識を棄て去った後に残る
かすかな自分の感覚を積み重ねるのが
とても大切と言うことです。

情報はインターネット上に
処理しきれないくらい溢れ
「ビッグデータ」とも呼ばれます。

情報や知識を
パターン認識して処理し
出し入れするだけならば、
性能の進化が
急速に進みつつある
コンピューターやAIの方が
ミスなく超高速にこなす様に
なりつつあります。

人間は知識を学ぶとともに
固定概念に囚われ、
感性、独自の視点を喪う
と言う真理に
13歳の少年が到達した
と言うことに驚きです。

そして、彼はそもそも
話すことも学ぶことも
出来ないと診断されたハズでした。

学び続けている専門家によって。
とても皮肉に感じますね。

令和以降の時代に必須とされる
「多様性」「独創性」ですが、
その根底に必要な「独自の視点」
を得る為には学ぶのをやめ、
自分の感性でひたすら考える。
なんとも深い提言です。

あなたは「あなたの視点」から
考えられていますか?

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です