【日本の鶏卵は凄い!?】

  • LINEで送る

こんにちは。

ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です!

ふとつけたテレビで

「JAPAN卵は凄いんです」

と言う特集が。

米国では全ての卵パックに

「固茹でで食べること」と

注意書きがあるとかで、

繊細な半熟状態すら

推奨されていないとか。

まぁそもそも動物性食品はダメ、

と言う方々もいますが、

たまに食べるくらいの方、

毎日複数個食べてるよ、

と言う方もいらっしゃるかと

思います。

最先端の「卵工場」として、

茨城県の工場が紹介されて

いました。

品質チェックや洗浄消毒工程は

しっかりしていることは

確認出来ます。

生食前提の「賞味期限」もあります。

ただ、「パック詰め時点から」

と言う法律を逆手に取って、

売れ残ったモノをパック詰め

したものが「セール品」と

して安売りされている

現状はあるようですが。

農家直売の鶏卵の場合は、

この様な工程を経て無いので

注意が必要ですね。

(中には農家内で同等の工程が

行われているところもあるかも

知れませんが。)

ただ、やはり海外では

禁止させている国すらある

ケージ内飼育管理されている

のは、一瞬画像で確認出来ました。

そして、

もしかしたら、病気予防目的で

抗生物質まみれなのでは?

と言う懸念も良く言われます。

果たしてコレは本当なのか?

少し調べてみました。

家畜に抗生物質を投与した場合、

・牛や豚などの出荷

・乳の出荷

に関しては、

出荷(採乳)前に一定の

休薬期間を設けることが

薬事法で決まっています。

休薬期間とは、

薬を与えずに飼う期間です。

投薬していなければ不要。

同様に、

採卵期の鶏に

抗生剤を投与することも

法律で禁じられています。

そして、鶏卵の場合は

勝手に生んでしまいますので

休薬期間を厳密に取ることが

困難です。

その為、

採卵期の鶏には

事実上抗生物質は

投与出来ない。

と言うか、

投与したら一定期間

出荷出来なくなる

のでしない

と言うのが実状の様です。

ですから、

マトモな農家から

出荷された卵には

抗生物質は含まれて

いないらしいです。

もちろん、

採卵期以外に抗生剤を

使用している可能性は

否定出来ませんが、

上記理由のため、

卵に抗生剤が規定値以上

残留していることは

可能性として低いでしょう。

もちろん、規制をかいくぐって

販売している卵があれば

この限りでは無いですが、

その様な卵を入手する方が

大変かも知れません。

ですから、

日本国内で流通している

鶏卵については、

アニマルウェルフェアに

沿った飼育環境が

整っているかどうかが

一番の問題の様です。

ちなみに、

卵黄の色や特殊な栄養素強化を

調整しているのは、

単に与える餌の色や成分です。

殻や卵黄の色自体は

栄養価とは無関係ですので、

不確実な情報に

踊らされない様にしましょう。

また、食品衛生法の

「食品一般の成分規格」に

「食品は抗生物質を含有してはならない」

との記載がありました。

と言うことは、

鶏卵以外の畜産製品では

国内で肥育目的の抗生物質は

ほとんど使われていないのか?

単に出荷前に休薬期間を設けて

いるだけなのか?

畜産農家の方の

コメントも大歓迎です。

是非、実状を共有して

下さい。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*