「荏胡麻(えごま)と胡麻」

  • LINEで送る

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/miyazakikoji/miyazakikohji.com/public_html/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 44

昨日は、食用油脂の分類について

不飽和脂肪酸のω3、ω6、ω9

飽和脂肪酸の長鎖、中鎖、短鎖

と言うものを説明させて

頂きました。
今まで説明していく中で

胡麻油はω3ですよね?

と言う方もいらっしゃいました。

荏胡麻(えごま)油はω3が多く

胡麻油はω6が多いのですが、

名前が似ているので

混乱されるのも仕方ないです。
と言うことで、今回は

荏胡麻の胡麻の違いについて。
【胡麻】

胡麻は生物学的には

ゴマ科ゴマ属の一年草。

考古学の発掘調査から、

紀元前3500年頃のインドが

栽培ゴマの発祥地とされています。
煎り胡麻を絞り

香り高く仕上げた焙煎油、

生の胡麻の実を絞る

白胡麻油があります。
では、その胡麻油の成分は?

胡麻100g辺り

・飽和脂肪酸:14.2g

・ω9不飽和脂肪酸:39.7g

・ω6不飽和脂肪酸:41.7g

と言うことで、

ω6が一番多く含まれる

とされているのです。

意外にω9も多いですね。
【荏胡麻(えごま)】

生物学的にはシソ科の一年草。

青紫蘇と同種の変種で、

東南アジア原産とされています。
では荏胡麻油の成分は?

荏胡麻100g辺り

飽和脂肪酸:3.34g

ω9不飽和脂肪酸:6.61g

ω6不飽和脂肪酸:5.1g

ω3不飽和脂肪酸:24g

と言うことで、

ω3が多く含まれる

とされています。
もちろん、細かい品種や

栽培地、季節、商品により

構成脂肪酸にはバラツキが

あるのも事実です。
・荏胡麻≒青紫蘇、油はω3が多い

・胡麻=胡麻、油はω6が多い

全く別物ですので、

気をつけましょう!

体験セッション受付中

内容:体験セッション90分(対面/オンライン)

        ※対面は都内近郊に限らせて頂きます

        仕事/プライベートでのパフォーマンス不足

        慢性的な症状の改善

        現在やられている生活習慣への質問

        など、なんでもOKです。
注意事項:医療的な相談も可能な範囲にて

                対応致しますが、病院での

                診察や診断に代わるものでは無く、

                一般的な意見や助言になります。

申込方法:Facebookメッセージまたは

                blog内「体験セッション申し込み

                フォームよりお申し込み下さい。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

公式LINE@はじめました!


病院では決して教われない
【最先端の健康科学】
についてお伝えしています!


是非、LINEで友達になりましょう!


LINE registration


友だち追加

コメントを残す

*