Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / ヘルスコンサルタント /

【マウイリトリート記05】

【マウイリトリート記05】

by 宮崎 光史
こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

マウイ島でのヘルスリトリート記
第3日目のスタートです!
img_4330
第3日目の朝もステキな
Shiny Sunriseでした!

芝生の上で体操&瞑想をし、
コーヒーマシンでコーヒ淹れて。

準備万端で向かった先は…
PAILOA Studioと言う建物。
天気が良い時は、
全面ガラス張りのドアを開いて
ヨガなどのイベントが行われます。

そう、3日目の朝は
本来プライベートレッスンしか
していないヨガの先生の
特別グループレッスン!
img_4349
img_4363
img_4578
img_4337
とっても丁寧で優しいリードにより
素晴らしい経験が出来ました。

意外に腕の力を使うんですよね。
肩甲骨周りがガチガチな自分は
ドキドキでしたがなんとか
やりきりました。
最後に先生と記念写真!
爬虫類嫌いな方はゴメンなさい。

ヤモリ Geckoさんです。
突然なんやねん、って思いますよね。

先日のSpirit Animalの課題で
実はふと「ヤモリ」が頭に浮かんだんです。
科学的な理由はありません。
「行きたいところへ行き食べたいモノを食べ、
人には『家守』として大事にされている存在」
自分も気負わずに生きながら、
人々の身体や家庭を守れたら、
と言う気持ちでした。
すると、泊まってる部屋にも居たんですね
ヤモリ Geckoが。で、思わずパチリ。
img_4333
img_4348
そして朝食。
このグリーンジュースは特製で、
・生姜
・ほうれん草
・スピルリナ
・ライム
・蜂蜜
と水?で作られているそうですが、
毎回微妙に入ってるモノの説明が
変わっており、その都度違うのかも(^_^;)
結構生姜が効いており、
食前に飲むと消化の助けにもなります。
で、朝食です。
SSくんとシェアしながら頂きました。
img_4338
img_4339
img_4340
はい、ここで大切なお知らせが。
と言うか読んでる方々はどうでも良い
お話しなのですが…。

本来のベッド2つある部屋が
水漏れ対応が終わったので、
前日夜に移動したんですね。
そしたらなんと。お湯が出ず。
なんてこったい。

で、夜にSSくんが電話したら、
「技術屋は帰っちゃったから明日ね」
的なことを言われたそうで、
「朝食後」にとりあえずお湯出るように
しておいて下さいとお願いし、
アッサリ直りましたです。
ヨガ、朝食の後は
またスイートにて講義などが
行われましてのお昼です!

キングオブジャンクフードの
ハンバーガーが全員に供され、
これはDr.Mattが課した踏み絵なのかと
戦々恐々の面々でしたが、
・グラスフェッドのビーフ
・オーガニックの野菜
・グルテンフリーのバンズ
で作られた、健康バーガーなんだとか!

もう、Mattの意地悪好きには困ります(笑)
コレ美味しかったんですが、
モチモチの源グルテンが無いので
バンズはパッサパサで大変崩れやすかったです。
img_4580
img_4579
そして昼食後は、
ホテルのプライベートビーチ
Hamoa BeachへMattの運転で移動!

ところがハプニングが。
・Mattの運転する車
・撮影班の車
の2台で向かい、撮影班は場所を把握。
Mattは細かい場所を知らずウッカリ通り過ぎ。

10分前後で着くはずが、
クネクネした細い車がすれ違うのも
困難な道を45分くらいかな?
走って、「遠すぎね?」となり。
後続の撮影班は
「Mattは秘境を知ってるに違いない」
と通り過ぎたことを知りながら
後ろをついてきていたそうで。
は〜るばる来たぜ、Hamoa Beach!
実質ホテルから10分程度なんですが(^_^;)

サーフィンに適したビーチとのことでしたが、
自分はサーフィン自体生で観るのすら初めて。
崩れる前の波に浮きながら上下するのが、
なんとなく「地球の呼吸」を感じている様で、
最後まで海の中にいて呆れられました。
Maikoさんお付き合いありがとうございました(笑)

静岡県にすんごいサーファーのイタリアンシェフが
居るので、今度一緒に遊んでみたいなぁ、
なんて思ったりして。
img_4375
その後はホテルへ戻ってから、
夕食を食べ、PAILOA Studio横で
ワイン飲みながらのイベント。

とは言えあんまり皆さん飲まず。
ツマミもそんなに無かったですしね。

とりあえず3日目はこんな感じでした!
次回は4日目!
と言うか参加者の共有写真が多すぎて
時系列が分からなくなってきたりしてます。
img_4354
img_4389
img_4387

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です