Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / ヘルスコンサルタント /

【鍋はダイエット食?】

【鍋はダイエット食?】

by 宮崎 光史

こんにちは。

ヘルスドクター

健康実践支援専門医師

宮崎 光史です!

寒くなり、お鍋の機会が

増えて来た方も多いのでは?

鍋料理は健康的なイメージ

がありますが、

気をつけなくてはいけない

ポイントがあります。

・市販の鍋用つゆは

糖質や添加物に要注意

・「すき焼き」は高糖質になりがち

・食べる量のコントロール

・糖質コントロールを強く意識

野菜や海藻、

そして良質な肉や魚だけ

であれば良いのですが、

麺類、御飯類、使用するつゆ

などの糖質に注意しましょう。

「糖質ゼロ」の必要は無いですが、

自身の筋肉量や運動量に合わせて

適度に調整しないと、

余剰糖質の代謝で

ビタミン・ミネラル

など微量栄養素が消耗され、

ただでさえ不足しがちな

微量栄養素が更に欠乏状態に。

普段御飯や麺類、スイーツを

食べがちな方の場合は、

鍋は敢えて低糖質にする

のもアリですね。

〆の雑炊や麺類をやめる

だけでもかなり効果的です。

そしてその場合は、

蛋白質と良質な脂質を

しっかり摂ることを

オススメします!

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です