Dr.Kのヘルスケア情報局
健康の維持増進、パフォーマンスアップのサポート
ホーム / ヘルスコンサルタント /

【マウイリトリート記09】

【マウイリトリート記09】

by 宮崎 光史
こんにちは!

ヘルスドクター
健康実践支援専門医師
宮崎 光史です。

マウイリトリート記も
ついに帰国日のみとなりました。
img_4477
旅立ちの朝も
素晴らしい朝日でした。

朝ごはんは無しでフロントに集合。

必要な人は精算をして
予定より少し早く出発し、
Whole Foods Marketに寄って
空港へ向かうことに。
ホテルの看板で
滞在中同室だったSSくんと記念撮影!

今後ともよろしくお願いしまーす。
img_4478
img_4482-1
「リアルマウイ」さんとの写真、
実は帰りのWholeFoodsMarketの駐車場で
撮ったんですねー。

そして、ドライバーさんから衝撃情報。
ハリケーン(台風)が近づいているとか。
多くの参加者はコナ乗り換え羽田行
なんですが、自分だけ少し遅めの便。
下手したら暴風雨の為に帰れないかも!?
Whole Foods Marketでは
空港での食事として、
サラダと白身魚ロールを買い、
カフルイ空港に。

コナまでの便を早めのに変更してもらい、
他の参加者の皆さんと同じ機でコナに。
B717の機名「Anianiau」でした。
img_4485
img_4486
そして、コナ空港。

元々の便だとTransit時間が
1時間程度しか無いのでかなり不安。

だったんですが、
ホノルル空港をイメージしてたら、
こんな小さな空港だったとはー!
唯一のDFSらしいお店も
シャッター降りてるし。
img_4488
img_4490
とりあえず屋内に入れるレストランで、
時間をつぶすことに。

アルコールは持ち出し禁止とのことで、
ほぼ満席ではありましたが、
優先的に席をゆずってくれたりして。
良い人達ですなー。
久しぶりに頼んだ生ビールのグラスに
ヤモリ Geckoのイラストがあり思わず写真。

直感で選んだSpirit Animalが
実はハワイでも守り神の化身として
大切にされていることを知りました。
そして、羽田行の飛行機までも
地面歩いていく感じ。
img_4492
img_4493
Airbus A330-200へ
スロープを登って搭乗。

台風の接近に不安を感じてましたが、
意外に天候は悪くなく。

たまにスコールは降ってましたが。
はい、帰りの羽田行機内の
機内食です!

Dr.Mattから教えてもらった
機内での食事。
なんと、機内で食べるモノは
液体で無ければ持ち込める!

で、アボカド持ち込んで食べました。
Dr.Mattもアボカド活用するらしく、
ロングフライトの場合は2個食べるとか。

お米やパンは食べない様に注意し、
野菜とお肉だけ食べました。
img_4496
img_4497
これは着陸前に出ていた軽食。
手はつけず写真だけ。

「持ち込み食を食べる」
と言う知ってしまうと
なんてことはないですが、
おとなしく出される機内食を
食べなければいけない訳では無い。
やはり自分の健康は
自分で守らないと駄目ですね。
これで、
今回のリトリート記は一段落。

実際に参加して、
自分の殻を破るブレークスルーの
キッカケを掴む経験をすることが、
本来のリトリートの目的です。

皆さんも是非
いつの日か、
非日常の環境に身を置いて
「リトリート」してみて下さい。

何もマウイまで来る必要はありません。
自分にとって「非日常の環境」が
とても大切なんです。

「ひとりキャンプ」をやる方も
もしかすると無意識に「リトリート」を
しているのかも知れませんね。

この記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です