毒素

【無添加の真実】

こんにちは!

ヘルスコンサルタント 、宮崎 光史です。

業務用冷凍食品の業界におられた方による
IN YOUさんの記事です。

「真夏の部屋でも腐らない
コンビニ弁当の知られざる真実。
記載の賞味期限は嘘だった。
腐らない理由は
pH調整剤にありました。」

と、衝撃的な題が。

添加物の害が知られる様になり、
無添加の製品が多くなりました。

もちろん、温度管理の徹底による
冷凍状態での搬送と店頭での
チルド販売技術の進歩も
ありますが、やはりこう言う
現実も知っておく必要が
ありますね。

食中毒を回避する為に、
「賞味期限」なる関係なく
高温化でも日持ちする様に
作られているとか。

表記方法の裏をかき、
添加物表示を少なくする
方法もある様ですし、
pH調整剤についての
判断も人それぞれかと
思いますが、
無知のまま「無添加」と
信じているよりも、
正しい現実を知った上で
選択をすることが、
とても大切だと思います。

あなたも、出来ることから
取り入れてみませんか?

【Dr.宮崎光史】

公式LINE@を始めました!!

病院では決して教われない

【最先端の健康科学】

についてお伝えしていきます!

登録者限定のお得な情報もあるかも⁉︎

是非、LINEで友達になりましょう!

今なら、ワンポイント健康アドバイス

を受け付けております。

LINE@登録後、メッセージにて

お悩みをお送り下さい!

順番に対応させて頂きます。

(人数が多くなり次第、予告なく終了します)

【Dr.宮崎光史 LINE@登録】

▷https://line.me/R/ti/p/%40vid2220y

※ ID検索は @vid2220y

http://macrobiotic-daisuki.jp/konbini-89976.html

「ひじきの毒性」

こんにちは。
ヘルスコンサルタント、宮崎 光史です。

 

皆さん、「ひじき」って食べます?
日本では普通に食べられている
食材ですが、実は英国にて危険とされ、
避けることを推奨されたと言うのです。
2004年7月の話ではあるんですが。

 

有害な「無機ヒ素」が含まている
と言うのがその理由の様です。

 

実際、生ひじきを小鉢一杯を
食べることで寿命が58分縮まる、
と言う計算がされているとのこと。

この「損失余命」と言う考えでは、
・タバコ1本:12分
・コーヒー1杯:20秒
・ソーセージ1本:25秒
等があり、タバコよりも有害、
と言うことで結構な衝撃ですよね。
(ただ、この計算もかなり疑問です。
恐怖を煽り立てるための数字と言うか。
コーヒーを飲む方が長生き、と言う
報告もありますしね。これは次回に。)

 

では、本当にひじきは危険なのか、
と言うことなんですが、
東京都福祉保健局の調査では、
日本人の平均的な食事では
ひじきは約0.6g/日。
WHOの無機ヒ素耐用摂取量は
15μg/kg/週=107μg/日(体重50kg換算)
ひじき中の無機ヒ素含有量は最大22.7μg/g。
ですので、4.7g/日以上を食べ続けなければ
健康障害は出ない、との計算になります。
ひじき4.7gって、結構な量です。

 

加えて、生ひじきをそのまま食べる
と言うことは日本ではあまりされず、
乾燥ひじきが一般的に流通しています。
水で戻して茹でたりして使いますよね。

 

そして無機ヒ素は水溶性。
農林水産省が行った実験でも、
・水戻し:50%減少
・茹で戻し:80%減少
・茹でこぼし:90%減少
と調理過程で無機ヒ素は減少します。
昔から伝わる下処理や調理の効果には
本当に驚かされますね。

 

と言うことで、
戻し汁を使わなければ
不必要に怖がる必要は無い、
と言うことです。

 

「○○は身体に良い」
「××は身体に悪い」
と言う一面だけの情報に
踊らされない為には、
この様に良い面と悪い面とを
しっかり評価した上で
判断されることをオススメします。

—-
体験セッションの御案内
—-
病気では無いが体調がスッキリしない
最近パフォーマンスが悪いと感じて
いらっしゃる起業家、経営者の方々へ
本気で体調やパフォーマンスを
改善させる為の体験セッションを
行っております!
 
blog内「体験セッション申し込み」を
御確認頂き、フォームよりお申し込み下さい。
Facebookメッセージでの問い合わせや
申し込みも受け付けております。

 

ひじきの損失余命とは……タバコより危険って本当?

【管理栄養士が解説】日本の伝統的な食材・ひじき。鉄分、カルシウム、食物繊維などが豊富で健康によいイメージがあると思いますが、海外では毒性のある無機ヒ素が含まれ、損失余命の高い食品なので食べない方がよいとの報告がありました。厚生労働省の見解は? 実際の健康効果、危険性は? わかりやすく解説します。

「体調不良、病気の人は何をすれば?」

こんにちは!
ヘルスコンサルタント宮崎 光史です。

あなたは、健康でいたいですか?
健康になりたいですか?

考えるまでも無いですかね?

「健康でありたい」と言うのは
あなただけでなく、誰でもが
願っていることだと思います。

 

もちろん、症状が出てくる前に、
正しい知識を得て生活習慣を改善すれば、
身体の中で進みつつある病気の芽を摘み、
精神的にも肉体的にも最高の状態に
なることが出来ます。

しかし、病気になってしまった場合、
どうすれば良いのでしょうか。
もう手遅れと諦めるしか無い?

そんなことはありません。

それまでの誤った生活習慣、生活環境に
よって積もり積もった結果が病気である、
と言うことを改めて認識する必要がありますが、
しっかり生活習慣を改善しさえすれば、
症状を改善させ進行を和らげることは
十分に可能です。

 

  • これ以上身体に悪いものを入れず、
    体内環境を改善させる為のものを意識して摂る
  • 今までの習慣/環境により具体的には、
    体内に蓄積してしまった様々な毒を出す、
    デトックスがとても大切になって来ます。

 

具体的にどういうことをするかと言うと、

  • グリーンジュース(青野菜を絞った物)を
    週3回以上飲む様にする。

  • 食事の75%以上を良質の脂質にする
    (ココナツミルク、アボカド、ナッツ、牧草牛チーズ、卵など)

  • なるべく全ての食べ物をオーガニックで
    化学物質(添加物)を含まない物にする

脂質を75%と言うのはビックリですが、
Dr. Matthew Accursoは患者指導で
この様にしているそうです。

もちろん、食生活を大きく変えることなので、
すぐに取り入れるのは難しいと思います。
そういう場合でも、次のことを
まずはひとつでもしてみて下さい。

  • 1日を通してレモン水を飲みましょう。
    水を飲む時は必ず浄水やミネラルウォーターに
    レモンを絞って入れます。
    天然のデトックスウォーターです。
    レモンフレーバーのペットボトル入りの
    清涼飲料水はやめましょう。

  • シナモンを摂りましょう。
    クマリンと言う成分にデトックス効果があります。
    ただし、カシアシナモンと言う品種には
    クマリンが大量に含まれており毒になるので、
    セイロンシナモンと言う品種を選んで下さい。
    市販のシナモンパウダーにはカシアシナモンが多いです。
    カフェラテ等に風味付けでかける程度は大丈夫です。

  • 発酵食品を多く摂りましょう。
    キムチ、ケフィア、ザワークラフトなどを
    出来れば家庭で作った無添加のものを
    習慣的に食べる様にしましょう。

まずはこのいずれか、あるいは全てを
実践して頂くことで、体内環境、
腸内環境が変わってくるとともに、
体内に蓄積されていた悪いものが
少しずつ排泄されてきます。

もちろん、身体にあるデトックス機能を
より高めるために、他にやるべきことも
ありますが、本日の記事内のことを
実践されるだけでも、かなり体調や
症状が変わってくるかと思います。

 

まずはひとつずつでもはじめてみませんか?

体験コンサルの御案内

病気では無いが体調がスッキリしない
最近パフォーマンスが悪いと感じて
いらっしゃる起業家、経営者の方々へ
本気で体調やパフォーマンスを
改善させる為の体験セッションを
行っております!

詳細確認やお申し込みは、

blog内「体験セッション申し込み」を御確認頂き、
               フォームよりお申し込み下さい。

「BPA」

聞いたことありますか?
ビスフェノールAと言う化学物質の略称です。


「禁煙週間キャンペーン」本日までです!
下記詳細をご参照下さい!

2015年5月の記事ですので、
2年ほど前の記事になりますが、
米国カリフォルニア州にて、
BPAを含有する商品には
「有害」と記載を義務化。
と言うニュースの紹介記事。

なのですが、これ要注意。

続きを読む

「デトックスって…?」

こんにちは!

今回は、デトックス。
英語ではdetoxification 。
日本語では解毒、排毒等と
訳されることが多いです。
そのまま「デトックス」
の方が多く使われている
かも知れませんが。

今までも投稿で何回も
取り上げさせて頂いていますが、
とても大切なことなので
また書きます。

続きを読む

「『がんにならない』のはこんな人」

会社員、出版社勤務等を経て、
2004年から医療問題を中心に
ジャーナリストとして活動
されている鳥集 徹さんの
署名記事です。

「がん検診を信じるな」
と言う最新の著書では、
「早期発見・早期治療」
を掲げるがん検診への
疑問を提示。

続きを読む

残留農薬とデトックス

こんにちは、宮崎です。

最近、投稿記事への反応を多数頂く様になり

大変嬉しく思っております。

 

その中で、とある質問を頂きました。

「残留農薬を軽減させる方法、

入ってしまった化学物質のデトックス方法は?」

皆さんが気になることと思います。

続きを読む